京都 左京区 歯科 おおくぼ歯科医院 予防歯科・インプラント・ホワイトニング・歯周病などの歯科治療を行っています。医師 歯科助手の求人を募集中。

入れ歯について

入れ歯について

今現在の入れ歯にお困りは、無いですか?噛めない、入れ歯が動く、しゃべりにくい、出っぱ、かみ合わせの問題でお顔がふけて見える、しわが目立つ等いろいろな悩みがあるはずです。
入れ歯は、歯科医師と歯科技工士の器量によってすごく変わってきます。しかし、ちゃんとした決まりが合ってそれを守ればいい物が出来るはずです。 現実患者様が使ってる入れ歯をみるといろいろな問題があるケースがほとんどです。それをいかに解決するかで、満足が行く入れ歯が出来ます。先ずは、自身の現状を理解していただく事が大事だと考えます。
どういった口元、顔、咬む事を患者様自身が望むかを教えていただき、一緒に作っていきたいです。

部分入れ歯

上記の自費の入れ歯は、保険の物と比べて製作工程が違いますので、厳密な物が出来上がります。使っている材料(人工歯、ピンク色の樹脂)も違いますので長く継続して使って行く事が出来ます。

上記の入れ歯は、人工歯、樹脂が上質です。製作工程もより多くとることで、通常の保険の物より、より良い物になっています。

全部の入れ歯

上の入れ歯は、樹脂のものが上質です。また、製作工程もより多く取る事で通常の保険の物よりもより良い物になっています。

入れ歯製作の流れ

step.1 お口の型を採り、模型を作製する
allow
step.2 より精密な型取りをするため、1の模型を元に患者さん個人のお口に合った専用トレーを作製する
allow
step.3 2で作製した専用トレーを使用し、特注の印象材でお口の型を採る
allow
step.4 お口の中を再現した模型を作製し、調査、診断をする
allow
step.5 上下の歯の噛み合わせを確認し、基礎となる土台をロウで作製する
allow
step.6 5で作製した模型をお口の中に合わせ、上下の噛み合わせを再現・確認し、診断する
allow
step.7 患者さんのお顔の大きさや形などを基準に、仕上がりの歯の形や大きさ、色をどのように作製するか診断する
allow
step.8 咬合器に装着して噛み合わせを再現し、診断をもとに歯を並べる
allow
step.9 8で作製した模型をお口の中に合わせ、噛み合わせやバランスなどの最終確認をする
allow
step.10 9で作製した模型をお口の中に入れた状態で、特注の印象材で最後の型を取ります。
これで完成前の粘膜の最終確認をし、より精密なものを作ります
step.11 これまでの診断をもとに作製した精密な入れ歯の完成です
処置前
処置後

金属を使うことで熱を感じることができ、より美味しくお食事ができます。また通常よりも薄く作ることができるので、違和感が少なく快適です。さらに歯茎の毛細血管の再現など、見た目にも本物のように自然な仕上がりになります。製作工程を多くとることで、より精密でぴったり合うものができるため、 その後の調整がほとんど必要なく、スムーズに使用していただくことができます。

技工士紹介
  • 今西 秀郷
  • 大阪歯科大学歯科技工士専門学校 出身
  • KSI 理事 アドバンスメンバー
  • 歯庵
  • 日本顎咬合学会認定技工士

ご予約・お問合せ

Copyright © 2016 OKUBO DENTAL. All Rights Reserved.