歯周病・歯槽膿漏などの原因プラークをなくそう。スケーリングから歯周外科まで対応。

歯周病について

歯周病について

こんなこと、ありませんか?

  • 歯ぐきから血が出る
  • 歯が長くなった気がする
  • 歯ぐきが腫れている気がする
  • 歯ぐきが痛い
  • 疲れ、肩こりがあると浮いたような気がする
  • 歯がぐらぐらする。
  • 口臭が気になる。
上記の項目に1つでも当てはまる場合、歯周病が進行している可能性があります。
まずは、おおくぼ歯科医院でお口の中の検査を受けてみてください。

歯周病や歯槽膿漏という言葉を一度は聞いたことがあると思います。
歯周病とは、漢字の通り歯ではなく歯の周りに起きる病気の事です。
歯周病は生活習慣病の1つであり、国民病などと言われ、誰もが注意しなければいけない病気です。

こちらのグラフは、現在の日本人の状態を表しています。


現在の日本人の40歳以上の約8割が歯周病にかかっており、さらに、歯を失う原因の40パーセント以上が歯周病なのです。
歯周病と聞くと、中年者や高齢者に多いと言ったイメージがあると思います。しかし、それは間違ったイメージであり、最近では10代の半数に歯周病初期症状が見られ、30代前後では約8割の人が歯周病を発症していると言われています。
さらに、歯周病は沈黙の病気と言われ、発症してもすぐには痛みがないため、自覚症状のないまま進行していき気づいた時には取り返しのつかない事もあります。

歯周病とは、歯を支えている歯茎や骨が壊されていく病気です。 こちらの絵は歯の断面図です。
左側が健康な歯茎の状態です。歯を支えている骨や歯茎、歯根膜、セメント質などの歯周組織があります。その歯周組織によって歯は支えられています。
右側は歯を支えてる歯周組織が破壊され歯周病になっている状態です。 歯と歯茎の境目には誰でも歯肉溝と呼ばれる溝がありますが、歯周病が進行するにつれて歯周ポケットを作り出します。そのポケット内に歯垢が入り込み歯茎や歯を支えている骨に炎症を起こしていきます。
歯周ポケットは歯周病の進行にともない、どんどん深くなりやがて歯は抜け落ちてしまいます。

歯周病のメカニズムは、軽度から重度までの段階があります。
まず歯肉炎起こします。歯肉炎とは、歯茎にのみ炎症を起こします。原因は、歯垢プラークと呼ばれる細菌の塊です。
歯肉炎をそのままにし、進行すると歯茎だけでなくポケット内に歯石などが付きだし骨にまで炎症が及びます。
さらに進行すると、支えている骨がほとんど溶けてなくなり、歯は揺れ出し抜け落ちてしまいます。
初期症状ではほとんど痛みはなく、歯磨きの時に出血する、肩が凝ると歯が浮いたような気がするや、物を噛んだ時に動いて噛みづらいなど自覚症状が出てくるときには深刻な状態になっていることが実際本当に多いです。

※紫色に染め出されているのがプラークです

歯周病の原因は、細菌の塊のプラークです。
プラークとは、歯の表面や歯と歯の間に付着する白くネバネバした汚れです。
この、プラーク1㎎中には1億以上の細菌が含まれております。

では、プラーク歯垢と歯石との違いですが、歯垢は、細菌の塊です。これは、正しい歯磨きで除去することが可能です。
歯石は、歯垢が唾液中のミネラルと結合して石のように硬くなったものです。歯石になってしまうと歯磨きでは除去はできず、歯科医院で専用の機械や器具で取らなければいけないものです。
歯石は、早いかたで2,3日でできてきます。歯石が付きだすと歯面がざらつくので、さらに歯垢が付きやすくなり、どんどん歯石がたまっていきます。


  • 歯と歯の間には、歯ブラシで取れない歯石が付いています
  • この写真は歯石を除去した後です
     

歯石には歯茎の上に付く縁上歯石と歯茎の下に付く縁下歯石があります。
歯根には、黒くびっしりと縁下歯石が付いています。
歯垢が歯石になり、歯周病が進行し支えている骨などが溶け、抜け落ちる歯にはこのように深い所にまで歯石が付いています。

歯周病の治療ステップ

歯周病の原因は、細菌ですが、治療として口腔内の徹底した環境改善を行います。
まず、ご自身の今の状況を理解していただくために、お口の中の検査をしていきます。その結果をきちんと説明を行い、現状を理解した上で、治療を計画を提案させていただいております。

歯周病治療の流れ

  • step.1スケーリング 超音波チップで振動させ、歯肉辺縁に付着した歯石や細菌を除去します。
    allow
  • step.2精密検査 1本の歯をより精密にポケット測定します。ポケット内の細かい状態をチェックします。
    allow
  • step.3歯周ポケット内のルートプレーニング 歯周ポケット内に付着した歯石や細菌性沈着物を除去します。歯根の形はここに様々で数種類の器具を使用しますので1回30分~45分の治療時間となります。歯周病の進行度によって回数を要します。
    また歯周ポケットが深い場合は麻酔を行ったうえで治療を始めます。
    allow
  • step.4再評価 ルートプレーニング終了後のポケット測定を行います。改善されたところ、問題が残っているところを評価します。
    allow
  • step.5歯周外科 問題が残った部位では、患者様と相談し、レーザーや歯周外科を行っていきます。
担当DHが患者様にあった歯磨きについてお話させていただいたり、歯石とりを行い、口腔内の健康を考えていきます。
まずご自身の現状を知ることが第一歩です。

ご予約・お問合せ

Copyright © 2016 OKUBO DENTAL. All Rights Reserved.