予防歯科・インプラント・審美歯科・ホワイトニングの質問・回答集

よくあるご質問

Q
妊娠中に歯科治療を受けても大丈夫ですか?
A

妊娠中は、つわりや女性ホルモンのバランスの関係によって一部の歯周病菌が増加し、歯肉に強く炎症が出やすいと言われています。特に妊娠初期のつわりの時期は、口腔内の環境が悪くなりやすいため注意が必要です。歯磨き自体が吐き気を催すものになり、十分に歯磨きができなかったり、吐くことで、お口の中が酸性に傾くのも虫歯になる原因になります。また、赤ちゃんに影響があると言われているのが歯周病です。妊婦さんが歯周病にかかっていると、低体重児や早産のリスクが高まるというデータがあります。

また、妊婦中に虫歯治療をして虫歯をゼロにしておくことも大切です。その理由は、産後の母子感染です。生まれてきた赤ちゃんの口腔内の虫歯菌は、ほぼゼロ。虫歯ができる原因の多くは食器の共有などによる感染と言われています。ですから、生まれてくる赤ちゃんのためにも歯周病の治療や虫歯をしっかり治しておくことは、とても重要なことです。

治療に関しては、安定期であればおおよそ通常の治療ができます。

ご予約・お問合せ

京都の百万遍・里ノ前・左京区・出町柳・元田中・京都大学・京大からすぐの歯科医院

Copyright © 2016 OKUBO DENTAL. All Rights Reserved.