京都左京区の歯医者「おおくぼ歯科医院」百万遍・里ノ前・左京区・出町柳・元田中・京都大学・京大近く

最新情報詳細

歯槽膿漏とは、何ですか?通院で治せますか?2017.10.03

歯槽膿漏とは、最近では「歯周病」と呼ばれることが多くなってきています。歯周病(歯槽膿漏)とは、日本人の80%が罹患していると言われています。歯周病は、何かしらの原因によって、歯を支えている骨がなくなっていく病気です。歯周病の原因は、人によって様々ですが、多く見られるのが磨き残しです。磨き残しによってできた歯垢(プラーク)の中には歯周病菌が潜んでいます。磨き残しが多くなればなるほど、歯周病菌は繁殖し、歯を支えている骨の組織が壊れていきます。歯周病を放置すると膿が出続け、歯を支えている骨がなくなることで歯がグラグラと動き始め、抜けてしまいます。

歯周病治療は、歯周ポケット内の細菌を減らし、環境を良くすることです。具体的には、歯垢(プラーク)、歯石の除去をしていくことです。通院回数は平均7〜8回となります。歯周病治療は、「治る」というよりは「改善させる」治療です。治療をしてもそのリスクを100%なくすことはできません。そこで大切になってくるのが予防やメンテナンスです。定期的に再発の原因となる歯垢や、歯石を落とすことでリスクを大きく回避することができます。それに加えて正しく身につけた毎日の歯磨きで歯周病のリスクや進行は大きく変わってくるのです。

ご予約・お問合せ

京都の百万遍・里ノ前・左京区・出町柳・元田中・京都大学・京大からすぐの歯科医院

Copyright © 2016 OKUBO DENTAL. All Rights Reserved.