京都左京区の歯医者「おおくぼ歯科医院」百万遍・里ノ前・左京区・出町柳・元田中・京都大学・京大近く

最新情報詳細

神経の治療中の歯を放っておくとどうなりますか?痛みはありません。2017.11.28

歯が痛くなって歯医者に通い始めたけど、都合が合わず、ついつい痛みがなくなった後、中断した経験のある人はいませんか?特に神経の治療は他の治療に比べると、治療期間が長くかかることが多くあります。患者さんからすると、同じような治療が繰り返されることに加えて、痛みや腫れがない場合は、処置がすすんでいることに実感しにくいかもしれません。しかし、この治療を中断すると後のダメージが特に大きくなります。歯の内部は、抵抗性が弱いため、あまり放置されると、虫歯が進行したり、根の内部が汚れ、細菌感染を起こし、症状を悪化させてしまうことがあります。特に治療中は、簡易的な蓋で閉じているので、あまり長い期間置くと隙間から唾液などが侵入して感染を助長することになってしまいます。長期間放置しすぎると治療不可能になり最悪の場合、抜歯になることもあります。

歯科治療は計画的に行われるものです。そのため、一度中断した治療を再開するとなると、結局最初からやり直しとなってしまう場合もあります。また、治療の中断は歯の寿命を一気に縮めることになるので、しっかり完治させ予防を行うことが寿命を縮めないポイントです。

ご予約・お問合せ

京都の百万遍・里ノ前・左京区・出町柳・元田中・京都大学・京大からすぐの歯科医院

Copyright © 2016 OKUBO DENTAL. All Rights Reserved.