京都左京区の歯医者「おおくぼ歯科医院」百万遍・里ノ前・左京区・出町柳・元田中・京都大学・京大近く

スタッフブログ詳細

歯と気圧の関係2019.10.06

こんにちは!京都市左京区のおおくぼ歯科医院、DAの佐藤です。

最近はすっかり秋めいてきてとても過ごしやすいですね(^ ^)この季節が大好きです☆

ですが関東の方は台風の被害がまだまだ残ってるようで心配です。みなさんは大丈夫でしたか?

実は台風などの気圧の変化で歯が痛むことがあるのご存知でしたか?

これは『気圧性歯痛』といわれるもので、急激な気圧の低下で自律神経系が乱れたり、歯や骨という固い組織に囲まれた血管や膿だまりが膨張して神経が圧迫されて痛みを感じてしまうために起こります。

よく飛行機に持ち込んだスナック菓子が上空でパンパンに膨らみますね。あれと同じことが歯でも起こります。

このような痛みは健康な歯や適切な処置がされた歯ではほとんど起こりませんが、虫歯があったり治療中の歯があると痛みが起こりやすいんです!

また天候の変化以外でも気圧が変化するのが飛行機の中です。これは『航空歯痛』と言われています。

25D77199-C06D-4CDE-8539-7621E9CBF037

いつもは痛みがない歯でも飛行機に乗り気圧が急激に変化することで痛みが起こることがありますので特に治療中の歯がある方は注意が必要です。

症状が軽ければ着陸すると痛みがなくなる場合もありますが着陸しても痛みが消えず、治療をしないと痛みが消えない場合もあります。旅行中にずっと歯が痛いのは嫌ですよね…(>_<)

また高い山への登山やダイビングなどでも同じ症状が起こることがありますので歯の治療中の方は注意が必要です!

暑さも和らいでこれから気持ちのいい季節。旅行で飛行機に乗る方も多いかと思います。

せっかく楽しい旅行なのにそんな時に歯に痛みが出るのは嫌ですよね心配にもなりますしせっかくの予定が楽しめなくなるのはもったいない。。

心配な方は余裕を持って検診にいらして下さいね(^ ^)また治療中の方で旅行や出張の予定がある方はスタッフに一言お伝えください☆

気持ちのいいこれからの季節、健康なお口の状態で楽しみましょう♩♩

ご予約・お問合せ

京都の百万遍・里ノ前・左京区・出町柳・元田中・京都大学・京大からすぐの歯科医院

Copyright © 2016 OKUBO DENTAL. All Rights Reserved.