京都左京区の歯医者「おおくぼ歯科医院」百万遍・里ノ前・左京区・出町柳・元田中・京都大学・京大近く

スタッフブログ詳細

乳歯から虫歯予防2020.09.01

こんばんは🌇京都市左京区のおおくぼ歯科医院のDH林です。

さて、復習です!虫歯は、細菌感染症です。ミュータンス菌によって感染し、歯が溶けていきます。  生まれたばかりの赤ちゃんは、ミュータンス菌が存在しませんが、歯が萌出してくると、菌が定着してきます。生後19〜31カ月ごろは、「感染の窓」と言われていて、危険度が高い時期です。この時期は、ほんとに注意しましょう。①唾液感染をさせない。②感染源になりがちな家族のミュータンス菌を減少させる。③子供のショ糖摂取を制限する。ぜひ、見直ししてみてくださいね。

私の息子も、ちょうど19カ月になりました。乳歯は、15本です。歯科衛生士の息子なので、私の姿みて歯磨きしてくれるだろうと思ってましたが、決して、歯磨きが楽にできるものではありません。笑。毎日、戦いです。笑。乳歯の奥歯が萌出してきたぐらいから、歯磨きは意識変えてきました。でも、息子はなかなか…。いつも、軽く触る程度でした😂うがいができるようになってきたので、ブドウ味の歯磨き粉を使うようにしました。フッ素が入っているので、歯を強化していきます!78D95A3B-502C-4357-A9F0-150F58871436

すると、味が美味しかったのか、口を大きくあけて歯磨きさせてくれました!もちろん、たくさん舐めてるだけの時もあります。笑。それでも、興味持ってくれてるので嬉しい気持ちです。この日から、楽しく歯磨きしています。それでも、最後の仕上げは少し戦いですが。笑。

子供の虫歯は、大人の責任です。乳歯だから大丈夫ではなく、乳歯だからこそ感染させないように、楽しく予防していきましょう。また、みなさんの経験も教えてくださいねー。私の息子も虫歯0でがんばります!

ご予約・お問合せ

京都の百万遍・里ノ前・左京区・出町柳・元田中・京都大学・京大からすぐの歯科医院

Copyright © 2016 OKUBO DENTAL. All Rights Reserved.