京都左京区の歯医者「おおくぼ歯科医院」百万遍・里ノ前・左京区・出町柳・元田中・京都大学・京大近く

スタッフブログ詳細

着色が気になる方にオススメ!2020.12.20

こんにちは!京都市左京区のおおくぼ歯科医院

受付の玄海です。

今回は歯磨き粉のご紹介です!

皆様はどのように歯磨き粉を選んでいますか?

値段や、薬局でいつも買っているものなど選び方はは様々だと思います。

でも歯磨きは毎日することなので、ただ毎日してるだけでなくてその中で歯が白くなったら嬉しくないですか?

もっと白い歯を手に入れたい!そんな方も多のではないでしょうか!

そんな方にオススメなのが

ブリリアント モア  】です!!

F82A994D-D333-4AD4-B223-DB9A883782C2 DC605C49-AFD6-4D82-866C-1E711CEF673D

こちらの商品は、「ピロリン酸ナトリウム」がイオンの力で歯の表面からステインを浮き上がらせ、ブラッシング+ハミガキの働きでステインをすっきり落とすことができます!

「黄ばみの原因」

気になる歯の黄ばみの原因は大きく分けて2つあります。

ひとつは、加齢によるもの。歯の表面は半透明のエナメル質で覆われていて、その下に象牙質という黄色い層があります。年をとるにつれて、エナメル質は少しずつ薄くなっていき、象牙質の色は、だんだん濃くなってきます。その結果、エナメル質から下の象牙質の色が透けて、黄色っぽく見えるようになってくるのです。

そして2つ目は、食べ物などによる外側からの着色です。

コーヒーカップや湯飲み茶碗に茶渋がつくように、コーヒー、紅茶などのお茶類。赤ワイン、コーラやカレーなど色の濃い食材の多くは歯に着色しやすいとという特徴があります。

これらの食べ物に含まれる着色成分はいずれも、最初のうちには単なる歯の表面の汚れですが、時間がたつにつれ、次第にエナメル質の中に染みこみ、歯磨きではなかなか落ちにくくなります。

またタバコのヤニも大きな原因です。

「ブリリアントモアの特徴」

研磨剤を不使用のため、歯を傷つけることなくステインを浮かせることができます。歯の表面のステインはマイナス、歯のエナメル質のカルシウムイオンはプラスであり、イオン結合で結びついています。ピロリン酸ナトリウムは、ステインとエナメル質の隙間に浸透し、歯のエナメル質のカルシウムイオンの親和性はステインよりピロリン酸ナトリウムの方が高いため、ピロリン酸ナトリウムとカルシウムイオンが結合することでステインとの結合を緩め、浮き上がらせます。歯の表面から浮き上がったステインを、歯磨剤の清掃機能とブラッシングによりすっきりと洗い流し、歯本来の白さを引き出します。

味も爽やかなフレッシュスペアミントと、マイルドな甘さのシトラスミントの2種類を発売中です!

ステイン除去だけでなく、ステイン付着予防にもなりますのに、ホワイトニングなどされてる方にもオススメです!!私も使っています☺️

ぜひ1度お試しください!

ご予約・お問合せ

京都の百万遍・里ノ前・左京区・出町柳・元田中・京都大学・京大からすぐの歯科医院

Copyright © 2016 OKUBO DENTAL. All Rights Reserved.