京都左京区の歯医者「おおくぼ歯科医院」百万遍・里ノ前・左京区・出町柳・元田中・京都大学・京大近く

スタッフブログ詳細

歯磨剤紹介*2022.06.20

こんにちは。京都市左京区のおおくぼ歯科医院のDAのSです。

 

本日は当院でも人気のある、チェックアップスタンダードと、チェックアップルートケアについて紹介します♩

チェックアップスタンダードは、虫歯のリスクが高い方や、虫歯予防をしたい方におすすめです(^^)

この歯磨き粉はフッ素の濃度が1450ppmで、国内で販売されている歯磨き粉の中で最も濃度が高いものです。年齢によってフッ素の濃度や歯磨き粉の使用量は異なるため一度ご相談下さいね。

フッ素とは、3つの働きでムシ歯の発生と進行を防ぎます。

①エナメル質の修復を促進
酸により歯から溶け出したカルシウムやリンを補うこと(再石灰化)を促進
②歯の質を強化
歯の表面を覆うエナメル質を、酸に溶けにくい性質に変え、ムシ歯への抵抗力を高める
③菌の働きを弱める
ムシ歯を引き起こす細菌の働きを弱め、酸がつくられるのを抑える。

ソフトペーストタイプで泡立ちを抑えた刺激のすくない処方、そして低研磨性で歯に優しい素材で作られていながらも高い虫歯予防効果が期待できます。

 

 

続いて、チェックアップルートケアについてです*

こちらは歯茎が下がって根の部分が露出している方や、虫歯の予防をしたい方におすすめです★

この歯磨き粉はフッ素濃度が1450ppmのジェルタイプになります。

普通の歯磨き粉とジェルとの違いは、ジェルタイプの方が粘度が高いため歯の根の部分など虫歯のリスクが高い部位に長く留めることができます。また、知覚過敏予防に効果のある硝酸カリウムと歯肉炎や口臭を予防する塩化セチルピリジニウム配合で、大人の口内トラブルを多方面からケアします。

 

ただし、当然のことですが、いくら高濃度のフッ素が入っているからと言っても、歯磨き剤だけでは虫歯の予防はできません。まず、きちんと歯磨きができていることが前提となります。ご自分では磨いているつもりでも磨き残しが多い場合もあります。

当医院では歯の正しい磨き方をご説明させていただいた上で、患者様の症状に合わせた適切な歯磨き剤をお勧めさせて頂きますので是非お気軽にご相談下さい♩

ご予約・お問合せ

京都の百万遍・里ノ前・左京区・出町柳・元田中・京都大学・京大からすぐの歯科医院

Copyright © 2016 OKUBO DENTAL. All Rights Reserved.