虫歯・歯周病・バイオフィルム・感染症など予防の意識がとても重要!

予防について

予防について

歯医者は痛くなってから行くものだと思っていませんか?
今まででの日本の歯医者は、痛くなって歯医者に行き、そして治療を行い、その繰り返しでした。多くの方は、虫歯になって治療をすれば、痛みもなくなって、詰め物をすれば元通りになったと思いがちです。 しかし、それは大間違いです!
治療後に入れた詰め物やかぶせ物は時間とともに変形し、小さな隙間から虫歯菌が入り虫歯を再発させ、さらに歯を大きく削っていくことになります。
この再治療を繰り返していくと、歯を抜かなければなりません。このように、負のサイクルがおきてきます。
残念ながら、治療をすればするほど、歯は弱く悪くなってきます。

お口の中には、歯の表面が溶けて穴があく虫歯と、歯を支えている組織を破壊する歯周病があります。
虫歯や歯周病は自然には治りません。治療すると、時間や費用が かかってきます。
だから、治療をした所を二度と悪くしないためにも予防をすることをオススメします。


  • 5年経過

治療後、定期的(約2~6カ月)に歯のメンテナンスを受診されている方です。5年経過しても口腔内の環境を維持されています。

この図をみてください。痛くなってから歯医者に行くという日本と、痛くならないように歯医者に行く欧米では検診に行く割合が全く違っています。
欧米では国が予防歯科に価値を認め国の政策により予防歯科に力を入れています。北欧ではいかに再発しないか、悪化しないか、という国が目指す目標があります。
歯がなくなると・・・

生活の質
の低下
満足のいく食事ができない
人前で大きな口で笑えない
治療にお金がかかる

など、悪くなってから気づくことが多くなります。
今は治療型から、病気になる前からの予防型にかわってきています。 おおくぼ歯科医院では、お口の中の健康のため、そしてきれいなお口を維持するためにメンテナンスに力を入れて取り組んでいます。

ではなぜ、歯磨きしているのに虫歯や歯周病になるのだろうって思いますよね。
もちろん、歯磨きは大事なことに変わりはありませんが、それだけでは虫歯や歯周病を予防することができないのです。
虫歯や歯周病の原因は、バイオフィルムによる感染症です。身近でいうと、台所の三角コーナーのヌメリです。
バイオフィルムとは、細菌の塊であるプラークの強固な集合体です。
いろいろな細菌が互いにうまく住み分けながら歯や歯石の表面にくっついて成長していきます。 また、バリアーで覆われているため、抗菌剤や消毒剤などの薬が浸透しにくく効きません。 そのバイオフィルムは、家庭でのブラッシングでは完全に落としきることはできません。 しかし、病気はそこから始まります。歯科医院の専門器具で落とす必要があります。
まずご自身のリスクを知りましょう。詳しい検査内容は、こちらになります。
検査結果の情報をもとに患者様ひとりひとりにあった予防プログラムを立案し、担当歯科衛生士と一緒に口腔内の環境を変え、歯の寿命を長くすることが目的になります。

むし歯予防のフッ素って何?

フッ素は、たくさんの量が地球に存在し海水中にも土壌中にも必ず含まれており食品にも含まれています。
虫歯は歯垢から出される酸などによって、歯のミネラルを溶かす力(脱灰)が、歯にミネラルを補給して結晶化する力(再石灰化)よりも優勢関係にあるほど発生しやすくなっています。
そこで、フッ素の効果の中にミネラルを取り組んで再石灰化の速度を高め、さらにミネラルが溶けだすのを防止したりする作用があります。その結果、虫歯で穴があく一歩手前の状態=初期虫歯を元に戻そうとする力が見られます。

効果的な使い方

フッ素入り歯磨剤で1日1~3回ブラッシングを行い、使用後少量の水で洗口します。継続的に使用すると効果的です。
虫歯のリスクが高い人は、フッ素を歯に残すために、通常の歯磨きの後にフッ化物配合ジェルで軽くブラッシンングします。そして毎日寝る前にフッ化物洗口が効果的です。
また、1年に2~4回歯科医院でのフッ素歯面塗布を行います。

シーラント

シーラントは、特に奥歯の噛み合わせの面にある溝に歯科用の樹脂を詰めて虫歯菌や食べカスがたまらないように虫歯を防ぐものです。歯を削らずに詰めるので痛くありません。
でも、つめた後も噛み合わせなどで欠けたり、とれてしまったりする可能性もあるので定期健診が必要です。とれない限り、虫歯予防に大きな効果があります。
シーラントの虫歯予防効果は主として子供の生えたばかりの永久歯に応用します。

Q&A

Q
神経の治療は、どうして回数がかかるのですか?
A

歯の神経を取るといっても、細い一本の糸状のものをひとかたまりで引っこ抜くというわけではありません。歯の中央には歯髄と呼ばれる神経の束が存在しています。歯髄は、神経や血管の集まりであり、それぞれの歯によって1〜4本の根管が存在しています。当然ですが、根管の数が多ければ多いほど、治療には時間がかかります。また、根管の形状は様々で細かく枝分かれをしていたり、網目状になっていたり複雑な形をしていて、歯根が曲がっていると器具を真っ直ぐに入れることができないため、より細かく慎重な器具の操作が必要になります。さらに、炎症の大きさでも治療回数は変わることもあります。

虫歯が進んでしまい、やむなく神経を取らないといけない場合でも、きちんと治療をすれば歯の寿命を延ばすことができます。しかし、神経のある歯と比べると、神経を取った歯はもろく弱い状態と言えます。歯にとって、もっとも良い状態は神経がある状態です。大切な神経をとらなくてすむように、毎日のセルフケアをしっかり行い、歯科医院での定期的なメンテナンスで虫歯、歯周病の予防をしていきましょう。

Q
先日、歯間ブラシを勧められました。フロスと歯間ブラシの違いは何ですか?
A

デンタルフロスや歯間ブラシは、どちらも歯と歯の間を磨く清掃道具ですが、その用途には少し違いがあります。デンタルフロスは歯と歯の間の汚れを取ることが得意であり、一方歯間ブラシは、歯と歯の間よりも歯と歯茎の間の汚れを取るのが得意です。デンタルフロスは、細いナイロンの糸が何重にもより合わされて一本の糸のようになっています。この細い糸が歯と歯の接触している部位、また歯茎の溝にも入り込むので、すみずみまで歯垢を取り除いて綺麗にすることができます。また、糸であるため正しい使い方をすれば歯や歯茎を傷めることもありません。

歯間ブラシは、針金に放射状にナイロンの毛がブラシ状についているものです。歯間ブラシには太さに応じ、いくつかのサイズが設けられています。歯と歯の隙間がほとんどない人は、歯間ブラシが入らないという人も多くいらっしゃいます。その場合は、、無理に歯間ブラシは使わずデンタルフロスを使ってください。歯間ブラシは、特に歯茎が下がって歯と歯の隙間の下の方が空いてきた人やブリッジが入っている方にオススメです。歯間ブラシのサイズは、きつすぎず、ゆるすぎないものを選んでください。間違ったサイズを使ってしまうと、歯茎を下げてしまうこともあります。

デンタルフロスや、歯間ブラシを日常的に使用している人はまだまだ少数派のようです。歯ブラシだけでの歯磨きでは汚れの除去率は6割程度と言われています。しかし、デンタルフロスや歯間ブラシを併用すれば、汚れ除去率は9割ほどにまで高まるとされています。ぜひ、皆さまも一日1回、デンタルフロスや歯間ブラシを使用することをオススメします。

Q
出先で歯磨きができない場合、キシリトールガムを噛んでおけば虫歯予防になりますか?
A

虫歯予防で大切なことは、しっかり歯垢を落とすことです。歯垢(プラーク)は、ネバネバしていて、歯の表面、歯と歯の間、歯と歯茎の境目に密着します。歯垢(プラーク)とは、細菌の塊です。また、磨き残した歯垢は唾液に含まれり成分により石灰化し、次第に石のように硬くなっていき歯石となります。歯石は、やっかいなことに歯磨きなどによるセルフケアでは落とせません。歯石になる前にブラッシングで歯垢をかき出すことが大切です。

では、ガムを噛むことっ歯磨きの代用になるのでしょうか?ガムの最大のメリットは、歯の表面についた汚れを落とすというよりも、噛むことで、唾液の分泌が促されるということです。唾液の分泌が促されるとら歯の再石灰化が促進されます。またキシリトールには、虫歯の原因菌であるミュータンス菌の活性を弱める働きもあると言われています。

このように、キシリトールガムは虫歯予防に効果的な働きをしますが、注意すべきことは、ガムにあまり頼りすぎないということです。ガムを噛むことは、あくまでもケアの補助です。歯ブラシやデンタルフロスなどを使い、しっかり歯の周りの歯垢を除去することが大切です。

ご予約・お問合せ

京都の百万遍・里ノ前・左京区・出町柳・元田中・京都大学・京大からすぐの歯科医院

Copyright © 2016 OKUBO DENTAL. All Rights Reserved.