術前検査・インプラント植立術・人工歯の取り付けまでしっかり対応。純日本製のJMM(京セラメデイカル)インプラントを使用。保証あり。

インプラントについて

インプラントについて

インプラント治療とは、インプラント治療は、歯が無くなったところに人工の歯根(インプラント)を埋め込み、その上に被せ物をすることにより歯があったときのように見た目も改善し、ごはんを食べるようにもできる治療法です。

従来の治療法

従来、歯がなくなった部位には、ブリッジや部分入れ歯を行っていました。そのような治療法では、以下のような問題がありました。

  • 神経のある元気な歯をけずらないといけない。
  • 治療後にしみることがある。
  • 入れ歯の金具が気になる、目立つ。
  • ごはんと一緒に外れてくる。分厚くて話しづらい。
  • 味がわかりにくい、ご飯がおいしくない。
  • しっかりと噛み切れない。
  • 掃除がしにくく、ごはんが隙間に挟まる。
  • 寝るときにはずさないといけない。
  • どこかに忘れてきてしまう。

インプラント治療

インプラント治療の大きな特徴として、現存の歯牙を削ることなく、噛みあわせをつくることが可能であるということがあります。その他にも以下のような点があげられます。

  • 噛み心地が良い。
  • 他の歯に影響を与えない。
  • 顎の骨がやせない。
  • 寿命が長い。
  • 外れることが無い。
  • 認知症の予防になる。
  • 舌で触っても邪魔になりにくくなる。
  • 味がしっかりと分かる。

インプラント治療の対象となる方と治療手順について

インプラント治療の対象となる方は、若くして事故等で歯牙を失った部位に行う方、有病者(心臓病、糖尿病、脳血管障害)の方や高齢者の方、骨のほとんど無い歯周病の方や前歯や歯肉の目立つ方などとバリエーションに富んでいます。

そのため、昨今インプラント治療も年々進化してきています。治療期間もインプラントの形状の変化・研究に伴い早くなっています。
また、負担の少ないインプラント治療をめざしておりますが、骨の不足している部位に対しては、積極的に骨造成を行ったり、骨幅を拡げたりと対応させていただき、ひとりでも多くの方により良い口腔内環境を確立し、ご自身の新しい歯でごはんを食べていただき笑顔になっていただきたく思っております。

患者様ひとりひとりのニーズにあったオーダーメイド治療を行っておりますので、お気軽に問い合わせください。

治療手順について

step.1術前検査

レントゲンなどによる十分な診断を行い、治療の計画についての説明を行います。 この際にどのような選択肢があるのか。インプラント以外の選択肢、治療費の総額についても十分に説明させていただきます。 歯牙が残存している場合で保存が困難な場合は、インプラント治療に備えて、周囲の骨や組織を維持する目的で、ソケットプリザーベーションという特別な抜歯の方法を行っております。そうすることで、歯を抜いたとしても骨の大きさや高さを維持することができます

allow
step.2インプラント植立術

歯が抜けた所へインプラントを埋入します。手術時間はインプラントの植立する数によります。その後、あごの骨にインプラント体がしっかりと固定されるまで、3~6ヶ月待ちます。二回に分けて手術を行うことから、この段階の手術については一次手術とも言われます。
見た目等が目立つ部位に対しては、仮歯を製作させていただきます。

allow
step.3人工歯の取り付け

インプラントによるしっかりとした土台ができたら、再度手術(二次手術)を行い、人工の歯を上にかぶせます。
積極的に噛ませていくことにより、歯が存在したときのような状況に近づくことになります。

allow
step.4定期検診

インプラント治療後は、アフターケアとして正しいブラッシングを行うとともに、半年に一度は定期検診を受けてください 。インプラントは、天然歯よりもポケットがやや大きいことにより、インプラントの周囲に歯周病を起こすことがあります。 また、インプラントの構造物はネジの構造でできています。ネジが緩んでいないかのチェックを日頃定期的に行うことも大切です。
自覚症状が少ないため、早期発見が必要となります。そのためには定期検診が重要となります。

当院のインプラントについて

当院で使用しているインプラントは純日本製のJMM(京セラメデイカル)インプラントを使用しています。1978年に日本初の歯科用インプラントを開発しています。一般的にインプラントと言えば整形外科分野等で使用される人工骨頭や人工関節が有名であり、そのような分野でもシェアが一番の会社です。  そのため、なにか不具合が生じた際も早急に対応が可能です。
昨今、格安インプラント等の広告をよく見ますが、その中には、海外製品で日本国内では認可の下りていないインプラントなども見受けられます。
そのようなインプラントを埋入された場合、何か問題が生じた際に対応が厳しくなり、撤去せざる負えなくなる場合もあります。
当院では安心安全をモットーに治療をさせていただき、埋入したインプラント情報についても提供させていただいております。そのため、転居された場合でも転居先でJMMを使用している医院を(JMMネットワークを利用し)すぐにご紹介させていただきます。日本でシェアーNO1のインプラントを使用している強みであります。

費用について

治療内容 価格(税込み)
インプラント埋入
上部構造(被せ物を含んだ値段)
¥350,000~
サイナスリフト
ソケットリフト
リッジエクスパンジョン
¥100,000~
ソケットプリザベーション ¥50,000~

治療の詳細

サイナスリフト・ソケットリフト

サイナスリフトやソケットリフトとは、骨の高さや幅が少ない場合に行う増骨処置のことを言います。
サイナスリフトとは高さが少ない場合において行います。上顎の骨においては、上顎洞という空洞が存在します。その空洞と口腔内が臼歯部においては薄い方がいらっしゃいます。そのような場合に骨の量を人工的に増やすような作業のことを言います。 インプラント体を同時に埋入できる場合と一度骨のみを増やす作業のみを行う場合があります。


リッジエクスパンジョン

リッジエクスパンジョンとは、骨の幅が狭い場合に行います。既存の骨が薄い場合に専用の機器で骨をゆっくりと拡げます。そうすることでインプラント体を埋入するスペースを作ります。インプラント体を同時に埋入する場合が多いです。


ソケットプリザベーション

ソケットプリザベーションとは、不幸にも抜歯が必要になった部位に対して行う処置のことを言います。
抜歯した部位は抜歯かができます。骨となり治っていくのですが、以前あった歯の状態によっては大きく骨がなくなることもあります。そのような場合に骨がなくならないように抜歯かの大きさを保存し、骨の幅・高さを歯があるときの状態に維持する処置のことを言います。


角化粘膜移植術

骨の処置については、上記で述べたソケットリフト、サイナスリフト、ソケットプリザベーションがあります。しかしながら粘膜である歯茎の量が少ない方にたいしても処置を行う必要がある場合があります。
抜歯した際に多くの骨が無くなった症例においては、角化粘膜の量が不足し、口腔前庭が浅くなってしまっている場合がよくあります。その際に、そのままインプラントを埋入してしまうと、インプラント周囲炎などの炎症を引き起こしたり、食物の流れが悪くなったり歯ブラシがしにくくなることがあります。インプラントを植えるだけでなく、その周囲の環境も整えてあげることが大切になります。 粘膜が足らない場合には、粘膜の移動や移植を行います。そうすることで、充分な口腔前庭を作ることができます。インプラント体埋入時に同時に行う場合とインプラント埋入後に行う場合があります。

保証について

治療内容 保証期間
上部構造 5年
インプラント体 5年

インプラントにおいても、インプラント周囲炎や周囲粘膜炎という歯周炎、歯周病と同じ現象が起こる可能性があります。日頃の口腔ケアが必須となります。

症例

2015.06.06
2016.09.17
部位
左下5,6
上部構造
メタルボンド
金額
約¥750,000
2014.10.14
2015.12.10
部位
右上5,6
上部構造
ゴールド
金額
約¥750,000

Q&A

Q
インプラントを骨に入れることで、何か身体に影響はありますか?
A

チタン製のインプラントは生体になじみやすく、腐食しません。また拒絶反応を起こしにくいことが証明された材質でもありますので、身体に悪い影響はありません。

Q
インプラントの手術は痛くないですか?
A

局所麻酔を十分に使用して行ないますので、痛みを感じることはありません。

手術後2~3日腫れたり痛んだりすることもありますが、親知らずを抜いた時の痛みほどひどいものではないと言われています。

Q
自分の歯と同じように噛むことができますか?
A

インプラントが骨にしっかり固定されていますので、ご自分の歯とほぼ同じ感覚で噛むことができます。入れ歯のような不快な違和感もありません。

ご予約・お問合せ

京都の百万遍・里ノ前・左京区・出町柳・元田中・京都大学・京大からすぐの歯科医院

Copyright © 2016 OKUBO DENTAL. All Rights Reserved.